白の松葉ボタン、などなど

白の松葉ボタンの色が気に入り、一番目立つところに置きました。 今年、5年生と4年生の親戚の子らが1年生の時に学校で植えた朝顔の種をまき、1号目に咲いた花です。 毎年、細々と植えていましたが、今年はプランター4個に植えました。「朝顔屋敷」ならぬ、「朝顔小家」にしようと目論んでいます。 「古民家」やったら、それなりにカッコいいけど、単…
コメント:0

続きを読むread more

サッカー2対3でマケ

2020年度のサッカー J3 開幕! 6月28日(日)ガンバ大阪Uー23との試合、2-3でマケ。 コロナで自粛だから、ホームでの試合だったけど、見に行けずでパソコンで「スポーツナビ」をチェックしながらの応援でした。 0対1でマケていたので、他チームのチェックしていたら2対1、いつの間にか勝っている! メモ取ったり、姉にメールした…
コメント:0

続きを読むread more

本・食いしん坊な台所

本・食いしん坊な台所  ツレヅレハナコ  河出文庫 本の裏表紙の解説文に「こんなに必要なの!?」みんな驚く自宅台所には、15本の木べら、20枚のバット、6枚のフライパン、100枚以上の皿などズラリ。・・(略)・・でも置きたいのは美味しい記憶が詰まっているから。ぺこぺこに歪んだアルミ鍋、せいろに土鍋、秋田やインドの弁当箱など・・ この…
コメント:0

続きを読むread more

さぬきうどんー5

JR坂出駅の近く、「おか田」のカレーうどん、530円。お盆の左の白いのはお水、右側の黒い入れ物のは「かけうどん」用の「かけつゆ」だそうです。「好みで使ってください」とのこと。 カレーが辛すぎたら、出汁を足すのは聞いたことがありますので、始めから用意しとくのがここのサービスかも。 残り3分の1ぐらいで「かけつゆ」を半分ぐらい入れてみま…
コメント:0

続きを読むread more

サッカー、日程決まる

6月28日(日)19:00からホームで「ガンバ大阪Uー23」と。次は「鹿児島ユナイテッドFU」のスタジアムでの試合が決定。 大阪なら行ける!、鹿児島は路面電車が走っているので、行きたい!!と、思っていたら最初は「リモートマッチ」だった、残念! 「無観客試合」はかつて制裁目的で使っていて、ネガチィブだからいいネーミングはないかと、募集…
コメント:0

続きを読むread more

アゲハの卵

柑橘類の種を植えて、出てきた葉っぱをアゲハが好むか心配でしたが早速、卵を産んでいました。大丈夫みたいです。左側の上の葉と右の2枚の葉の間にある白っぽい丸いのがアゲハの卵です。 これでレモンの木からエサとして、葉っぱをあげなくてもよくなりそうです。気をよくして、さっそく、種を植えるために5,6鉢、準備しました。 今、生協に注文している…
コメント:0

続きを読むread more

レモンの実

3本目のレモンの木です。小さい木ですが、今年、4つの花が咲き、4個の実がなり喜んでいたのですが、早いうちに3つになり、1個落ち、また1個落ちて最後の1つになりました。左側の白っぽい円形が実が落ちた後の軸です。 楕円形の実の長い方で2cm弱の大きさです。 2本目の大きいレモンはつぼみが4つ付き、1つ花が咲き・・、毎朝見ていたのに、いつ…
コメント:0

続きを読むread more

ビッグイシュー6月1日号届く

ビッグイシューの6月1日号が届きました。こんなあっさり系の表紙が気に入っています。 この号はスペシャルインタビューとして、「ネイチャー・ドキュメントの父」とされ、「数々のテレビシリーズでナビゲーターとして活躍してきた自然学者のデヴィッド・アッテンボロー。65年以上にわたり地球でともに生きる動物や植物の姿を伝えてきた。」と紹介されていま…
コメント:0

続きを読むread more

本・お静かに、父が昼寝しております

本・お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話               母袋夏生編訳  岩波少年文庫 裏表紙に「ユダヤ人は、約二千年ものあいだ、世界各地に散って暮らしてきました。それぞれのユダヤ人社会のなかで語りつがれてきた、とんちやユーモアのきいた民話、ユダヤ教のたとえ話、聖書の「創世記」からの物語など、38編を収めます。  …
コメント:0

続きを読むread more

カマタマーレのマスク

カマタマーレ讃岐のマスクをゲットしました。 1回目の時は別の日に行ったので、売り切れ。オンラインは1分で売り切れだったそうです。 今回は9:00に発売開始ということで並ぶことにしました。 9:00少し前に着くと、入り口から道路近くまで並んでいました。私の少し後ろの人が友だちらしいひとから51番目と言われていたのでまあ大丈夫でしょう…
コメント:0

続きを読むread more

本・段位認定 上級ナンプレ252題

本・段位認定 上級ナンプレ252題  白夜書房 同書房の「中級編150題」は2回通りしたので、思い切って上級編を購入しました。 後で気が付いたのですが、問題ごとに回答の横に「攻略のカギ」が付いていました。一般的な「攻略テクニック」はたぶんどの本にもあると思いますが、一般論は頭に入ってきません、素通りします。その問題毎に「ヒント」があ…
コメント:0

続きを読むread more

ビッグイシュー届く

「コロナ緊急3ヵ月通信販売」に申し込んでいたビッグイシューの雑誌が届きました。気が付くのが遅く、申し込みが遅かったのです。 380号(4.1)から383号(5.15)までの4冊が届きました。380号の特集は「気候危機に」グレタ・トゥーンベリーさんたちの取り組み、江守正多さん(国立環境研究所)の“地球温暖化の今と近未来” 381号の特…
コメント:0

続きを読むread more

本・ブルーネス

本・ブルーネス  伊与原 新  文春文庫 面白かった!に尽きます。 この作家さんはミステリー作家と思っていましたがこれは「研究者の情熱ほとばしる科学エンタメ!」で「e-hon」の解説でも怖そうでなかったので読みました。 怖いとか読後、救いがないのは読みたくない、かと言ってチャランポランのも嫌なのですけど。 帯の裏には「津波監視シ…
コメント:0

続きを読むread more

本・西の魔女が死んだ

本・西の魔女が死んだ  梨木香歩  新潮文庫 少し前の新聞にこの本が紹介されていました。名前は聞いたことがあったのですが、何となく、童話ぽいと思い込み、パスしていました。 「大事なことは何でも自分で決めること」というフレーズが気に入り読んでみることにしました。 中学生の女の子とそのおばあさんの生活が中心で、里山みたいなところでの暮…
コメント:0

続きを読むread more

チャイブに花

以前植えていたチャイブに花が咲きだしました。1回、1本だけ咲いたことがあったのですが、たくさん咲くのは初めてです。葉を収穫するより、花が咲く方が今はうれしいです。 一昨年のかな、みょうがを植えたのから、芽が出たものです。他のと別に、北側に1つだけ置いていたのですっかり忘れていました。細いのも入れると16本出ています。 収穫の時期をチ…
コメント:0

続きを読むread more

レモンに花!!

3つ目に買った小さいけど、「大苗」タイプ(たぶんですが主の枝以外に枝があるもの)のレモンの木に大き目の花が咲きました。予想よりも大きく、これで実がなるなあとにんまり。ところが翌日の朝、今日のことですが、確認に行ったら、がっくり。花弁とめしべの一部が落ちてます。鳥のせいかな、昨日、カラスが地面をピョンピョンしながら歩いていたし、ベランダに…
コメント:0

続きを読むread more

ビッグイシュー、通販で

ビッグイシューのことが4月29日(水)、毎日新聞社会面に紹介されていました。裏からめくったら、最初に出る所です。 大阪で働いていた時は主な駅で「路上生活者が駅前で販売」していて、購入していましたが、退職して、帰省してからは見かけなくなり、(たぶん、地方やから、ないのとちがうかな)忘れていました。 このコロナの広がりで当面だと思うけど…
コメント:0

続きを読むread more

本・ほのぼのお徒歩日記

本・ほのぼのお徒歩日記  宮部みゆき  新潮文庫 「平成お徒歩日記」に書き下ろし一編を加えた新装完全版だそうです。 今はコロナで外出自粛で、家にこもっているので、せめて本だけでも外歩きをしているものを読みました。 この本は地図付きなのですが、メインが東京地域なので地名を聞いただけではイメージしにくいのです。 関東になじみがないと…
コメント:0

続きを読むread more

イロハモミジと赤紫の花

イロハモミジです。今年も赤くなりました。 オオムラサキツツジというのかな、街路樹によくあるものです。 花が終わったら、すかさず、その枝を剪定しようと待ち構えています。去年もそのつもりだったのに、ちょっと忘れていて遅れてからではどこで切ったらいいのかわからずに諦めたのです。 これと下2枚の写真とも赤紫の花が同時に咲いて、にぎやかです…
コメント:0

続きを読むread more

本・台湾一周!! 途中下車、美味しい旅

 台湾一周!! 途中下車、美味しい旅  光瀬憲子  双葉文庫 帯には「知らない町でグルメ散歩 7泊8日、気ままな列車旅」。 台湾を鉄道で一周、所々で下車し、朝食からお昼、夕食を食して たまに、今はやりのスイーツを探すといった感じでした。 バックパッカー風の宿舎の取り方や美味しいお店のの探し方など そういうことが好きな人には魅力…
コメント:0

続きを読むread more